はじめてバドミントンをする方へ

バドミントンのルールを分かりやすく 正しい知識で楽しんで頂く為のバドミントンルール百科

よくある質問

線審のジャッジを主審が覆すことは可能?

線審の判定を主審がひっくりかえすことが出来ると知りましたが、本当ですか?

答え

はい。本当です。
オーバールール(オーバーコール)といいます。

これには経緯がありまして、とある海外の大会で、線審が自国の選手に有利な
ように、ことごとく贔屓目にジャッジをしたことがありました。
見かねた大会本部は、線審の後ろにもう一人線審を立たせるという処置を取り
ました。

このようなありえないことが起こってから物議をかもし出し、結果主審が線審の
コールを訂正することが可能になったのです。

競技規則第17条第5項

審判員の判定は、その審判員の責任とするすべての事実に関して
最終のものである。
ただし、主審は、もし線審が明らかに間違ったコールをしたと確信する場合には、
線審の判定を変更することができる。

<<戻る