はじめてバドミントンをする方へ

バドミントンのルールを分かりやすく 正しい知識で楽しんで頂く為のバドミントンルール百科

よくある質問

隣のコートからシャトルが飛んできた場合

先日の試合で起こった出来事です。
シャトルが落ちるのとほぼ同時頃に、隣のコートからシャトルが
とびこんできていました。

相手プレイヤーはそれを理由にレットを主張しプレーを中断。
しかし、他方は「インプレイ中で主審が止めていないのに勝手にプレイを
中断したのでこちらの勝ち」という主張でした、
本当のところはどうなんでしょうか?ご教示頂ければ幸いです。

答え

公認審判員規定
第3条 主審への助言第5項

2、シャトルが近隣のコートから侵入してきても、自動的に「レット」と
みなさないこととする。
主審は、もし、(シャトルが)次のような侵入をした場合「レット」を
コールしない。

① プレーヤーが気づかなかったとき
② プレーヤーの邪魔になったり、注意をそらしたりしないとき

上記のことから、今回のケースは②にあたると思われます。
シャトルが飛び込んできても、全てがレットにはなりませんし、
またおっしゃるように、プレイヤーが自分の判断でラリーを
止めることも認められていません。

よって、今回は勝手にプレーを中断したペアが失点ということになります。

<<戻る