はじめてバドミントンをする方へ

バドミントンのルールを分かりやすく 正しい知識で楽しんで頂く為のバドミントンルール百科

審判用語

3.一般用語(Geneml Communication)

3.1 「エンドを選んでください」
‘Choose your end’
3.2 「準備はいいですか?」
‘Are you ready?’
3.3 「サービスで空振りをしました」
‘You missed the shuttle during service’
3.4 「レシーバーの態勢が整っていません」
‘Receiver not ready’
3.5 「サービスを返そうとしました」
‘You attempted the return of service’
3.6 「線審に影響を及ぼしてはいけません」
‘You must not influence the line judge’
3.7 「こちらに来てください」
‘Come here’
3.8 「シャトルはいいですか?」
‘Is the shuttle OK?’
3.9 「シャトルを試打してください」
‘Test the shuttle’
3.10 「シャトルを交換してください」
‘Change the shuttle’
3.11 「シャトルを交換しないでください」
‘Do not change the shuttle’
3.12 「レットにします」
‘Play a let’
3.13 「チェンジエンズ」
‘Change ends’
3.14 「エンド替えていませんでした」
‘You did not change the ends’
3.15 「間違ったサービスコートからサーブしました」
‘You served from the wrong service court’
3.16 「サービスの順番を間違えました」
‘You served out of turn’
3.17 「レシーブの順番を間違えました」
‘You received out of turn’
3.18 「故意にシャトルに手を加えてはいけません」
‘You must not interface with the shuttle’
3.19 「シャトルが触れました」
‘The shuttle touched you’
3.20 「ネットに触れました」
‘You touched the net’
3.21 「間違ったサービスコートに立っています」
‘You are standing in the wrong service court’
3.22 「相手の注意をそらしました」
‘You distracted your opponent’
3.23 「コーチが相手の注意をそらしました」
‘Your coach distracted your opponent’
3.24 「2回連続してシャトルを打ちました」
‘You hit the shuttle twice’
3.25 「ラケット上でシャトルを保持しました」
‘You slung the shuttle’
3.26 「相手のコートを侵しました」
‘You invaded your opponent’s court’
3.27 「相手を妨害しました」
‘You obstructed your opponent’
3.28 「アーユーリタイアリング(棄権しますか)?」
‘Are you retiring?’
3.29 「フォルト、レシーバー」
‘ Fault-receiver’
3.30 「サービスフォルトコールド」
‘Service fault called’
3.31 「サービスが遅いですプレーは継続されなければなりません」
‘Service delayed,play must be continuous’
3.32 「プレーイズサスペンディド(プレーを中断します)」
‘Play is suspended’
3.33 「(プレーヤー名)」「ウオーニングフォーミスコンダクト(警告)」
‘……’(name of player),‘warning for misconduct’
3.34 「(プレーヤー名)」「フオルトフォーミスコンダクト(フォルト)」
‘……’(name of player),‘fault for misconduct’
3.35 「フォルト」
‘Fault’
3.36 「アウト」
‘Out’
3.37 「線審、合図をしてください」
‘Line judge-signal’
3.38 「サービスジャッジ、合図をしてください」
‘Service judge-signal’
3.39 「コレクション イン」
‘Correction lN’
3.40 「コレクション アウト」
‘Correction OUT’
3.41 「コートを拭いてください」
‘Wipe the court’

<<戻る