はじめてバドミントンをする方へ

バドミントンのルールを分かりやすく 正しい知識で楽しんで頂く為のバドミントンルール百科

よくある質問

切られたサーブの返球は?

長年染み付いた癖はなかなか抜けません。
余程意識してかからないと、いつも同じパターンのゲームをしています。そんな私の最近の悩みは、切ってくるサーブをレシーブするのが大の苦手だということです。

ショートサービスはプッシュで返すのですが、切られたサーブの返球は、浮いてしまったり、アウトにしてしまったり。
どんどん相手の得点は増えるばかり。

こんな時は、下から掬い上げるしかないのでしょうか?

よきアドバイスをお願いします。

コートの内では丹頂鶴(単調ヅル?)様

答え

まず、切られたサーブの返球ということですが、返球のコツの前にそもそも競技規則でサービスを切ることは禁止されています。

第9条 サービス  第一項 (4)

サーバーは、ラケットで最初にシャトルの台を打つものとする。

という条文があります。

よって、シャトルに回転を加えるため、羽根の部分をこするようにして打つ。いわゆる羽根打ちは禁止なのです。

しかし、実際は試合会場で、主審もしくはサービスジャッジがどこまで正確に判断できるかは疑問です。
白じゃないけど黒でもない。グレーなサービスを打つ選手も実際には存在します。

目安としては、ヒットの瞬間に「シャッ」とか「シュッ」という羽根を切るような音が出るとフォルトを取るケースが多いです。

今回のご質問に対する答えとしては、そのサービスがフォルトでなければ、回転を読んでさらにスピンをかけてネットに切る。もしくは、回転が収まってから、正確に奥までロビングするしかないでしょう。

<<戻る