はじめてバドミントンをする方へ

バドミントンのルールを分かりやすく 正しい知識で楽しんで頂く為のバドミントンルール百科

よくある質問

ドライブサーブは即フォルト?

サービスの禁止ショットについての質問が在ります。

居酒屋でのバド談義で出た話しなのですが「ドライブサーブは即フォルト」と言うルールになっていると言われたのですが本当なのでしょうか?
打つ時の動作でフォルトになるのは普通に知ってはいますが、打った後のシャトルの軌道によってはフォルトになるという話しは初めて聞きましたので本当なのかどうか、半信半疑です。

3級の審判資格を持っている若者からの情報だったのですが、その若者が言うには国際大会の放送やビデオを見てそういうサーブは見かけない、低い軌道だと顔に当たってしまうかもしれない、だから禁止されていてフォルトを取られると教えてくれました。

一応ネットで調べてみましたが、「ウエストの高さギリギリの所からピンサーブ(攻撃的なドライブサーブのこと)を打つとフォルトを取られる事が多いので注意しましょう」と在りました。
毎回フォルトを取られる訳でないとしたらアバブ・ザ・ウエストなサーブになっているとした判断からフォルトにしていると読めるのですがどうなんでしょうか?

ご教授のほどよろしくお願いします。

沖縄 H様

答え

結論から申し上げますと、打たれたサービスの軌道を見て「フォルト」を宣告することはありません。
また、ドライブサーブは即フォルトというルールもありません。
打たれたシャトルの軌道が問題なのではなく、サーバーがサービスを出す瞬間のラケットの位置が問題となります。

競技規則 第9条 サービス 第1項 正しいサービスとは

(5)サーバーのラケットで打たれる瞬間に、シャトル全体がサーバーのウェストより下になければならない。ここでいうウェストとは、肋骨の一番下の部位の高さで、胴体の周りの仮想の線とする。
(6)サーバーが持つラケットのシャフトは、シャトルを打つ瞬間に下向きでなければならない。

と、あります。(5)は俗に言う「オーバーウェスト」(6)は俗に言う「アバブザハンド」です。

今回問題になっているドライブサーブですが、攻撃的なサーブを打とうとすると、どうしても「オーバーウェスト」や「アバブザハンド」を犯してしまいがちです。
ですので、ドライブサーブそのものを「フォルト」にしているわけではなく、ドライブサーブの軌道を見て、そのサービスが打たれた動作が(5)もしくは(6)の規定に違反してるので、フォルトをコールするということです。

逆に言うと、取れっこないようなドライブサーブを、腰の位置より下で、なおかつシャフトは下向きで打つことは、人間の体型とネットの高さを考えてみると不可能に近いということです。

<<戻る