はじめてバドミントンをする方へ

バドミントンのルールを分かりやすく 正しい知識で楽しんで頂く為のバドミントンルール百科

よくある質問

ネット前でブロックしてもいいの?

ネット前に落としたシャトルを相手がロビングした時に、それをすぐに、打ち返そうとして、ラケットを立てて相手を威圧するような、ショットは、フォルトになるのでしょうか?
たとえば、バレーボールでいうブロックです。もちろん、オーバーネットは、していませんけど。
よろしくお願いします。

兵庫県姫路市  会社員 高田様

いつものようにサークルにてバドミントンの試合をしてる時です。相手の前衛にクリアミスでいいくらいのラッキー球が上がったんで、スマッシュを打とうと構えてるときでした。1人は背中を向けて球が当たらないように逃げたんですが、何を思ったのかもう1人のぺアは、ネット際に走って行きブロックを試みたんです。
その時はブロック失敗で、周りの人はおしいおしいと大笑いだったんですが、実際に正式な試合でもブロックはしていいのでしょうか?もし規定があるなら教えてください。宜しくお願いします(^^ゞ

???県  匿名様

答え

俗に言うブロックショットです。
正式に競技規則にはブロックショットという文言は出てきませんが、一般的に対処されているケースをご紹介します。

競技規則第13条 フォルト
第4項(4)

インプレーで、プレイヤーが相手を妨害したとき、すなわち、ネットを越えたシャトルを追う相手の正当なストロークを妨げたとき

という、条文が適応されます。
上記の行為の場合はフォルトとなるわけですが、一番分かりやすいのは、ヘアピンの応酬のラリーで浮いたヘアピンをプッシュしようとしたら、相手がラケット面をかざしてブロックした。なんて場合です。

この場合はフォルトとなります。
ただし、ややこしいのは、ブロックではなく振ったラケットに当たり、相手コートにシャトルが入ったとき。

これはフォルトではないと判断されます。

ブロックしたのか?打ち返そうとして振ったのか?
この判断は主審にゆだねられます。

なお、直近から打たれて自分の顔を守るためにラケットで防御した。って場合は、仮に跳ね返って相手コートに入ってもフォルトにはなりません。

<<戻る