はじめてバドミントンをする方へ

バドミントンのルールを分かりやすく 正しい知識で楽しんで頂く為のバドミントンルール百科

よくある質問

面をかぶせて打つサーブは違反?

以前クラブの先輩から「あなたのショートサーブ(バックハンド)はシャトルを打った後にラケットの面がかぶっていることがあるので気をつけなさい。フォルトになるよ。」

って言われたことがあります。

そのときはそうなんだ!って思って少しラケットを立ててスウィングを変えたので今は問題ないのですが、今後の為にと改めて規則を読んでも、どの項目に違反するのか詳しい知識がないのでわかりません。

第9条の「最初にシャトルの台を打つものとする。」という項なのかな?でも打つときはちゃんとコルク部分を打っているんだけど・・・
それとも第13条の「同じプレーヤーによって2回連続して打たれたとき。」ですかね。

でも仮に打った後に面が羽に触れていたとしても「ラケットヘッドとストリングド・エリアで1回のストロークで連続して打たれるのは「フォルト」ではない。」ってなってるし・・・

お恥ずかしいのですが、何も解らない私なので教えてください。

広島県 M様

答え

それは恐らく俗に言う「アバブザハンド」のフォルトだと思います。

競技規則第九条一項

(6)サーバーの持つラケットのシャフトは、シャトルを打つ瞬間に下向きでなければならない。

これに抵触するというアドバイスではないでしょうか?

特にドライブサーブのようなサービスを出す時に陥りやすいフォルトです。サービスを打った後に手首が返ったり、面が返るとそのように判断されやすいので注意したほうが良いでしょう。

前回の競技規則の改定で、運用上かなり緩和されたとは言え、明らかにシャフトが下向きでは無いと判断されればフォルトをとられます。

注意してください。

<<戻る