はじめてバドミントンをする方へ

バドミントンのルールを分かりやすく 正しい知識で楽しんで頂く為のバドミントンルール百科

競技規則

第1条
コートとコートの設定

第1項
コートは、図Aに示されるように長方形で、ラインの幅は40mmである。
第2項
ラインの色は容易に見分けやすいものとし、白または黄色であることが望ましい。
第3項
すべてのラインは、規定の範囲内に含まれる。
第4項
ポストは、コート面から1.550mの高さとし、第1条第10項で規定されるようにネットをしっかりと張ったときコート面と垂直に保つことができるものとする。ポストまたはその支持物はコート内部まで延長しないこととする。
第5項
ポストはシングルス、ダブルスの別を問わず、図Aのとおりダブルスのサイドライン上に設置する。
第6項
ネットは、暗い色で、一様な太さの細紐で均等に15mmから20mmの綱目で作られたものとする。
第7項
ネットは丈が760mmで、幅は少なくとも6.1mはあるものとする。
第8項
ネットの上縁は、幅75mmの白色のテープを、二つ折りにして覆い、そのテープの中にコード(紐)またはケーブル(綱)を通す。このテープの上部は、紐または綱に密着していなければならない。
第9項
コード(紐)またはケーブル(綱)は、ポストの上部と同じ高さでしっかりと張ることのできるものとする。
第10項
コート面からのネットの高さは、中央で1.524m、ダブルスのサイドライン上では1.550mとする。
第11項
ネットの両側とポストの間に隙間があってはならない。必要な場合にはネットの両側(丈全部)をポストに結び付けなけれはならない。
ひとこと

普通にネットを張ると、ポールとネットの間に隙間が出来ます。
市民大会などでは、そこまで厳密にしないところが多いですが、全日本総合などの大きな大会(第一種大会など)では、隙間をなくすため「タコ糸」などで、ポールとネットの隙間が出来ないように、ぐるぐる巻きに結んでしまうことがあります。

<<戻る