はじめてバドミントンをする方へ

バドミントンのルールを分かりやすく 正しい知識で楽しんで頂く為のバドミントンルール百科

競技規則

第11条
ダブルス
第1項
サービングコートとレシービングコート
  1. サービングサイドのスコアが、0か偶数のとき、サービングサイドのプレーヤーは、右サービスコートからサービスをする。
  2. サービングサイドのスコアが、奇数のとき、サービングサイドのプレーヤーは、左サービスコートからサービスをする。
  3. サービスオーバーでサービス権が移る場合、新しくレシービングサイドになるプレーヤーは、直前にサーブした同じサービスコートに留まる。レシーバーのパートナーは、その逆の形式を適用する。
  4. サーバーと斜めに向きあっているレシービングサイドのプレーヤーがレシーバーである。
  5. プレーヤーは、そのプレーヤーのサイドがサービスをし得点するまで、それぞれのサービスコートを替えてはならない。
  6. サービスはいかなる場合でも、サービスサイドのスコアによって定められたサービスコートからなされる。(第12条の場合を除く)
第2項
プレーの順序とコート上のポジション
サービスが打ち返された後のラリー中のシャトルは、サービングサイドのどちらかのプレーヤーによって打たれ、次にレシービングサイドのどちらかのプレーヤーによって打たれ、シャトルがインプレーでなくなるまでこれを続ける。このとき、プレーヤーはネットをはさんで自分のサイドなら、どの位置からシャトルを打ってもよい。(第15条参照)
第3項
スコアリングとサービング
  1. サービングサイドがラリーに勝ったとき(第7条第3項参照)サービングサイドが1点を得る。そして、そのサーバーが再びもう一方のサービスコートからサービスをする
  2. シービングサイドがラリーに勝ったとき(第7条第3項参照)レシービングサイドが1点を得る。そして今度は、そのレシービングサイドが新しいサービングサイドとなる。
第4項
サービスの順序。いかなるゲームにおいても、サービス権は次のように連続して移動する。
  1. 右サービスコートからゲームを始めた最初のサーバーから
  2. 最初のレシーバーのパートナーへ
  3. 最初のサーバーのパートナーへ
  4. 最初のレシーバーへ
  5. 最初のサーバーへ というように続く。
第5項
プレーヤーは、同じゲームで順番を間違えてサーブしたり、レシーブしたり、2回続けてレシーブしてはならない。ただし、第12条が適用された場合を除く。
第6項
ゲームに勝ったサイドは、次のゲームで最初にサービスをする。ただし、そのとき、どちらのプレーヤーがサーブしてもよく、また負けたサイドのどちらのプレーヤーがレシーブしてもよい。
ひとこと

第6項は間違えやすいので注意してください。第二ゲームでは、ファーストサーバーが入れ替わっても良いとされています。またレシーバーも同様に入れ替わってもOKです。

<<戻る